読書 筋トレ

ポジティブかつできる人になれる気がして筋トレしたくなる本【筋トレが最強のソリューションである】〜おすすめ本レビュー〜

こんにちは。

ワークマンのアウターが暖かすぎてお気に入りになっているあっくんです(^o^)/

今日もお得なお話していこうと思います。

 

本日は最近読んだ本のお話したいと思います。

辛口の評価が多いAmazonでも評価が高いだけあって普通に面白かったです。

『筋トレが最強のソリューションである〜マッチョ社長が教える究極の悩み解決法〜』という本です。

悩んだら筋トレしろ!!

そうすれば元気になるからって本です(笑)

冗談まじりでこじつけ感があったりするんですけど、整理して考えると確かにそうだって思えるんですよね。

くすっと笑えるシーンも多くて読んでて楽しくなります。

 

と、前置きはこのくらいにして、細かくお話していきましょう。

筋トレは最強である理由

表紙を開くと最初の内開きの部分に

『世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。本当です』

と書かれています。

そんな馬鹿なと思うくらい衝撃的すぎる(笑)

この本って筋トレをゴリ押ししてくるんですけど、筋トレをすることによって分泌されるホルモンが起こす体に良いことや、体を強く大きくすることによって起こる良いこと体が格好良くきれいになるというように単純に筋トレをすることによって体に起こる良い反応について書いてるってだけじゃないんです。

本気で筋トレすると食事管理等の自己管理やより大きな体を作っていくメニュー作りの計画性体が大きくなる成功体験とかから、日々の仕事や生活に応用できる力もつくよって書いてあるんです。

一見筋トレと何にも関係がなさそうなこともできるようになるから筋トレいいよって話をしてるんです。

 

例えばこの1ページ

写真じゃみづらいと思うので書いておきますね。

 

『マッチョはジム以外でも必ず成功できる』

マッチョには栄養学や筋トレの知識、それらを踏まえ緻密なプランを作成する計画力、忙しい中でもプランを遂行する実行力、誘惑に惑わされない意志力が備わっている。ストレス耐性もあり健康で力も強く頭もよく勤勉。できる男の資質をすべて兼ね備えている。

突き詰めたらこうって話であって、勤勉であるとかはただの筋トレ好きと目標をもって体を仕上げていく人とはちょっと違うかもですけど、筋トレを通してあらゆるジャンルでもできる男になれる力を持てるようになるよって言ってるわけです。

僕って昔から筋トレは好きな方で自宅に筋トレルーム・・・といってもマットとベンチと数種類のダンベルがあるだけですけど、そんな部屋を作るくらいは筋トレ好きです。

だからいろんな筋肉系Youtuberの動画もみてるんですけど、そうゆう人たちってやっぱりそうゆう『できる人』が多いなって思います。

やたら明るくて筋トレに前向きで、栄養学の知識があって、誘惑に負けなくて、計画性があって・・・

有名な人ほどそうだと思います。

だからこの1ページの話もよくわかるんですよね。

 

いきなり筋トレ以外の話のところを紹介しちゃいましたけど、基本は

メンタルがボロボロになったら→筋トレ

ダイエットしても痩せないなら→筋トレ

自分に負けてしまうなら→筋トレ

仕事で成功したいなら→筋トレ

異性との接し方がわからないなら→筋トレ

ってなこと言ってます(笑)

 

とりあえず悩んだら筋トレしとけば間違いないよってことです。

簡単で良いですね(^^)

筋トレが最強な内容

書いてある内容についての話が出たので、内容を細かく説明してみます。

この本は下記6章からなっています。

1章 メンタルがボロボロになったあなたへ

2章 何度ダイエットしても痩せないあなたへ

3章 いつも自分に負けてしまうあなたへ

4章 どうしても仕事で成功したいあなたへ

5章 異性の接し方がわからないあなたへ

6章 そろそろ筋トレがしたくなってきたあなたへ

 

1章では

筋トレをすることによって気分が上がる脳内物質が出るのでメンタルがよくなるよって話です。

テストステロンという男性ホルモンも分泌されるので誰にも負けない感というか、「俺無敵じゃね」って気分になるから精神的にも強くなれるという話です。

 

2章では

タイトル通り、ダイエットには過度の食事制限や、ランニング等の有酸素運動ではなく筋トレの方が効果的だよって話です。

ここは筋トレについての知識がある程度ある方にとっては当たり前の話かなと思いました。

 

3章

筋トレをすることによって、限界を突破して負けない人になるという話です。

筋トレって最後の数回がめっちゃ辛いんですけどそれを突破できれば体はさらに強くなっていきます。

現状よりよくしたいなら何度も何度も限界を突破していかないとですよね。

そして挑戦し続けている限り負けはないですから負けない体になるのも確かです。

意志力や決断力もつけることが可能だとも書いてありますけど、そこはちょっと冗談がすぎる感はありました(笑)

(こんな感じのやつ)

4章

最初に紹介した話のような話です。筋トレすることによって自分に対してのマネジメント力が上がるので、それを仕事で応用できるようになったりテストステロンが分泌されることによって支配欲が生まれ自分を支配することによって仕事もうまくいくし、より高みを望むようになるから仕事も成功できるという話です。

無計画にやっても目的地にはなかなか辿り着けないですけど、計画をしっかり練って効率的に筋トレして短期間で筋肉つけてさらに目標を上げて計画を練り直してまた頑張って・・・みたいにやってると仕事も同じようにできるようになるってことです。

確かにそうだなって思いました。

 

5章

筋トレして体型がよくなり、プロテインを摂取することによって肌がきれいになり格好よくなっていく自分のことが好きになるから前向きに明るく笑顔の絶えない人になり結果モテるって話です。

どちらかというとマッチョを落とすならって話の方が多いので、この章が参考になるのは男性より女性かもしれません。

 

6章

筋トレの仕方とかではなく、ここまで読んで筋トレしようと考えるようになった人のためのアドバイスですね。

具体的な話もあることはありますが、ほとんどが筋トレしたいと思い始めた人に対しての最後のひとおしです。

本書の最後に無料のダイエットプログラムのオファーが入るのでそれに対しての最後のひとおしともいえると思います。

(ダイエットも考えていたら自然とそのままそのプログラムに入ろうと思える流れになっている感じです)

 

読みやすい書き方

この本の特徴として僕が一番思ったのは、めっちゃ読みやすいってことです。

 

1ページに一つのテーマがあって、そのテーマに対しての一文があるという書き方で、一つ一つが短くて読みやすいんです。

無理やり筋肉にこじつけたり冗談まじりの話も多くて、その度にクスッと笑ってしまうから楽しく読めちゃいます。

なので読書が苦手な人でもわりと読める本だと思いますね。

眠くなるような話ではないですから。

 

で、章ごとの最後に、筆者の体験談やら出会いから学んだこと、ジムの選び方や初心者が最初にやるべきメニューの説明があって、それとは別にちょっとした漫画が書かれてます。

適度なはしやすめ的な感じでこれも読みやすくしてる要因かなと思います。

まとめ

僕が読み終えた率直な感想は、なんだか前向きになれたという感じです。

単純に面白くて読む前より顔が明るくなった気がします。

あと僕は筋トレが好きだけれども、定期的にやらなくなることもありましたw

それをちゃんとやろうってスイッチが入ったので、自宅筋トレのメニューを作り直して、日々筋トレをするようになりました

(数ヶ月後にビフォーアフター記事書きますね)

 

現在はコロナの影響と恐怖でジムには行きづらいので、自宅でやっております。

家だと自重とダンベルのみなので部位によってしっかり負荷がかけられないから物足りないんですけど、自分なりに頑張ろうと思います。

一つ気になるマシンがあるのでそれを買っちゃおうかとも思ってます。

もし買ったらそのマシンのレビューもしようと思います。

 

この本は筋トレの仕方ではなく、筋トレするとこうなるよって話の本なので、

悩み事が多い人には解決の一つの策になると思います。

漠然と今のままではダメだなって思ってる人は世の中に多いと思うんですけど、そうゆう人の変わるきっかけにもなると思います。

上記に当てはまろうがはずれていようが、気になった人はぜひ読んでみてくださいね。

そして筋トレも始めてあなたの価値を上げてください。

男性も女性も上がると思います。

 

人気がある本なのでブックオフとかでもたくさん売ってると思います。

安い棚にはまだないと思いますけど。

アマゾンと楽天のリンクは載せておきますね。

筋トレが最強のソリューションである
created by Rinker

続編も出てるので僕はそっちをこれから読む予定です。

(筋トレが最強のソリューションであると一緒に買ってまだ読んでないのです)

また面白かったらレビュー記事書きますね。

ではまたお会いしましょう(^o^)/

↓いいねと思ったらランキングボタンを押してね↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-読書, 筋トレ
-, , , ,

Copyright© 萌えスロリーマンのちょっと得する話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.